食べる順番を変えてみる!

少し前に流行った食べ順ダイエット。

食べる順番を変えるだけでダイエットが出来るなんてお手軽に実践できる方法。

低GI食品などもよく聞くようになりましたが、空腹のときに白米などのGI値の高い食材を食べてしまうと血糖値が上がってしまいます。

 

血糖値が上がるとインスリンが分泌されますが、インスリンとは、血液中の糖分をエネルギーとします。中性脂肪の形成、貯める働きがあるので、インスリンが増えると脂肪を貯めやすくなります。

 

そこで血糖値が急に上がらないように食べる順番を工夫するのが食べ順ダイエットになるわけです。

 

食べる順番は、食物繊維を含む葉物野菜から食べると良いとされています。

野菜の中にもジャガイモやカボチャ、ニンジン、レンコンなどの根菜には糖質を多く含むものがいくつかありますので注意が必要です。

次はスープなどの汁物。

肉や魚、卵、豆類などのタンパク質。

炭水化物は一番最後に食べるようにしましょう。

 

また、よく噛んで食べることも大事なのです。

いくら食べる順番を変えたとしても、食べ過ぎてしまってはいけません。

ゆっくり、よく噛むことによって満腹中枢が刺激されますので、沢山食べなくても満腹感を得ることが出来ます。

和食